今、雪が降っている。
この辺りは雨のままだと思っていたのに。

e0024554_00032103.jpg















我が家の椿は大振りで、
毎年、ものすごい数の花が咲く。

e0024554_00032119.jpg














よそで斑入りの花を見つけた。
斑入りの品種は山程あって、
調べてもどれだか判らなかった・・・

e0024554_00030618.jpg















なぜこのような看板が必要なのか?

e0024554_00030610.jpg























まだ葉っぱだけ。
咲くと圧巻なのだ。

e0024554_00033559.jpg























梅ちゃんはどんどん咲いている。
でもきっと雪で凍えてるね。
明日の朝はどんな景色が広がっているんだろう。





[PR]

田んぼの周りに水仙が植栽されている。
まだ葉しか出ていないが、
咲くと、なかなか見応えがある。

e0024554_20432076.jpg























これは近所の家の庭先の黄水仙。

e0024554_20432099.jpg























木五倍子(キブシ)のつぼみを見つけた。
この花は染料になるらしい。
漢字で四文字なのに、
なぜ読み方は「きぶし」と三文字なのか?
植物の名前は難しい。

e0024554_20432050.jpg






















今朝は雲間からやっと見えた。
明日は天気になって欲しい。



[PR]

冬に咲く桜があるなんて、
知らなかった。
以前にも正月に咲いているのを見て、
ギモンに思っていたのだった。
『寒緋桜』というらしい。

e0024554_23151089.jpg













元旦にはチラホラだったけれど、
今日は咲き誇っていた。

e0024554_23151070.jpg













早咲きの梅といい、
強いというか逞しいというか・・・
頭が下がる。

e0024554_23150258.jpg













桜の近くにはマサキ。

e0024554_23150910.jpg












昨日は曇りのち雨だったので、
太陽が有り難い。

e0024554_23150507.jpg













十五日に小豆粥を食べなかったので、
ちょっと違うけど、赤飯を炊いた。
でも「ささげ」ではなく小豆。
だから、ほとんど色が付いていない。
おまけに古い豆だったからゴリゴリ。
でも、お櫃の中で温まったのか、
お昼には少し柔らかくなっていた。
地元産のモチ米100%。

e0024554_23135850.jpg













モチといえば、
庭のクロガネモチが赤い実を、
沢山つけている。
ひっきりなしに鳥が食べに来ている。

昨日の雨で辺りがしっとりして、
落ち着いた。
私は妙に眠たい。
明日は早起きできるだろうか・・・




[PR]

寒さが緩んで、雨が降った。
乾燥した日が続いていたので、
カラダもホッとしている。

e0024554_20281707.jpg













靄が立ちこめていた。
空気の温度差で起こるらしい。
確かに田んぼの周辺は空気が温かかった。

e0024554_20281715.jpg













久しぶりに通った道端で、
臘梅(ロウバイ)の花が咲いていた。

e0024554_20281826.jpg



















「早梅 そうばい」という季語があるらしい。
文字通り、早咲きの梅のこと。

e0024554_20281782.jpg



















隣りの堰にはいつもサギが佇んでいる。
僅かな水量でも獲物が見つかるのかな。

e0024554_22315648.jpg













目の前にダイナミックな雲が、
広がっていた。
でもやっぱり太陽が恋しい。

e0024554_20281787.jpg













かろうじてチラリと。

天気や気温の変化で一喜一憂するのは、
何だか情けないけれど、
動物である証拠だと思っている。





[PR]

家の前にある堰には、
沢山のカモが来ている。
近くに大きな堰が二つあるが、
どちらも水が抜かれてしまった。
水を湛えているこの堰が人気。

e0024554_21171094.jpg







 端にいる大きいのはサギ



今日は少し暖かい。
そのせいなのか、
岸になっているところに上がって、
日向ぼっこ・・・?
カワウ(川鵜)も混じっていたりする。

e0024554_21171047.jpg










 黒くてデカいのがカワウ


柄が違うお二人はつがい。
キジと同じく、雄の方がカラフル。

e0024554_21171077.jpg











隣町のダム湖には、
毎冬、白鳥の群れが飛来する。
今年も来てるのかな。

野生の生き物が近くに居ると、
私達も動物の仲間だと認められているようで、
何だか嬉しい。







[PR]

七十二候で今日は
『 雉始雊 きじはじめてなく


キジの雄が求愛のために鳴き始めるころ、
という意味。
実際にはまだ姿も見せないし、
鳴き声も聞けません。

e0024554_22120046.jpg







 数年前に裏山から現れたので
  ブラインド越しに撮った。




もう少し暖かくなったら、
畑の周辺で走り回る姿を見るようになる。
そして、けたたましい声で鳴く。

e0024554_22120114.jpg








 何と鮮やかな!




雄はド派手な色で目立つけれど、
雌は地味すぎて、
畝の間にいても気付かなかったりする。

今では当たり前の様に見ているけれど、
ここに住むまで、野鳥を観る事など無かった。
もしかしたら、近くに居たのかもしれないが、
知らない、興味がない、気が付かない、
という三拍子だったのだと思う。
少しずつ、植物の名前も、動物の名前も、
実際に見て、覚えていった。
仲間が増えたようで、楽しい。

今朝は家の前の堰が初めて凍った。

e0024554_23073806.jpg













それでも、カモは居る。

e0024554_23073803.jpg



















明日は寒さが緩むらしい。
でも、まだキジは出て来ないだろうね。




[PR]

この辺りは米どころなので、
大きな農家は立派なお屋敷が多い。

e0024554_23562151.jpg













入口には屋敷門を構えている。
長屋門とも呼ぶそうだ。

e0024554_23572704.jpg













武家にあれば、武家屋敷門というらしい。
たぶん、門の左右にも部屋があって、
使用人の居住スペースだったのだと思う。
この家の門は市の文化財にもなっている。

e0024554_23572747.jpg













こちらは万木城(まんぎじょう)城趾にある展望台。
ジョグであそこまで上がるのは、
今の体力ではキツイ・・・
眺めは最高なんだけど。

e0024554_23575018.jpg













この城の由来については、調べなきゃ。
今朝はちょっと寝坊気味で、
既にピカーンと上がっていた。

e0024554_23595578.jpg













なかなか空気が冷たい一日だった。



[PR]

今朝は曇っていたけれど、
太陽が少しだけ姿を見せてくれた。

e0024554_23314104.jpg



















この季節、花が咲いていると、
無条件に嬉しい。
我が家の椿はまだ蕾。

e0024554_22131411.jpg













隣宅の枇杷には白い花。
地味なのでも見逃し易い。

e0024554_23314165.jpg













おじいさんのバラ園では、
たった二輪、咲いていた。
このところ、手入れが行き届いていないみたい。
おじいさん、元気なのかな・・・

e0024554_22131423.jpg













花を探すのも、
ジョグの楽しみの一つ。
寄り道して、立ち止まってばかりだけど。

e0024554_23314114.jpg













もう一つの楽しみは、
猫探し。
今日は立派なシッポの白黒さん。

e0024554_23314152.jpg








 何か獲物がいたのかな







[PR]

冬枯れの田んぼが広がっていても、
朝日が射すと色を感じる。
太陽の高さで刻々と様子が変わる。
一瞬もその色を留めていない。

e0024554_22131426.jpg













場所によって、見え隠れするから、
その際がまた美しい。

e0024554_22131443.jpg









 



地面にあるものを照らして、
違う見え方にしてしまう。

e0024554_22131480.jpg



















寝坊をすると、
すっかり太陽が昇ってしまっていて、
つまらない。
分かっているけど、起きれない。

e0024554_22131534.jpg











畑からの帰り、
空は色んな色に染まっていた。
こちらもあっという間に、姿を変えていく。
木立の向こうは、真っ赤だったろう。

空も雲も、いつだって違う。
美しい時も、そうでない時もある。
心の在り方で、見え方も違う。
出来れば、ときめくことが多い方がイイ。

e0024554_22131462.jpg








 梅、次々開花しちゃってる。







[PR]

昨日は七十二候で『水泉動』
しみずあたたかさをふくむ、と読む。
寒いには寒いけれど、
泉の水は少しずつ温かさを含み始めましたよ、
ということらしい。

e0024554_18480375.jpg













今朝は靄が立ちこめていた。

e0024554_18480243.jpg













千葉は菜の花の産地。
早くも収穫が始まっていた。

e0024554_18480276.jpg













花はちょっと凍えていたけれど。

e0024554_18480203.jpg













見たことのない小振りの水仙。
ペーパーホワイトという品種らしい。

e0024554_18480233.jpg













白い椿。
こちらは一福(イチフク)。

e0024554_18580783.jpg



















天気はすこぶる良いけれど、
ここのところ風が吹き荒れている。
強烈な寒波が・・・という予報もあるけれど、
気にしても変えられる訳ではないから、
その時はその時で対応すればイイよね。






[PR]