カテゴリ:考え方( 8 )

好い習慣を身に付けたい、と思ったら、
小さく始めること、と教わった。

熱し易く、冷め易い性格なので、
思いつきで何かを始めても、
なかなか続けられない。

唯一、続いているのはジョギング。
はじめは習慣になるまで、
一緒に走ってもらった。
だから、続けられた。

始めた頃に比べて、
速度も距離もかなり落ちているけれど、
毎朝、楽しく走れている。

楽しく走るコツは?と訊かれたら、
面白いモノを探すこと、と答えるだろう。
田舎では色んな動植物に出会える。

こんなキノコを見つけたり、

e0024554_23530031.jpg






















 

ちょっと旨そう




柘榴がはじけていたり、
e0024554_23531548.jpg










 

 
ザクロは花も好き


野葡萄が色づいていたり、
e0024554_23531748.jpg









 

 
秋の一番の楽しみ


猫の視線を感じたり・・・
e0024554_23531182.jpg









 

 見事なハチワレちゃん


コースは幾つかあって、日替わり。
同じ道でも季節や天気で、印象が変わる。
退屈することなんてない。
キョロキョロしたり、しゃがみこんだり、
端から見れば、かなり怪しいはず。
でも、楽しければそれでもイイ。

明日の朝は何に出会えるかな。







[PR]

「ある」ことに気付く
ということを先日書いた。

それはモノだけでなくて、
自分の能力についても言えること。

私はピアノを弾く。
子供の頃から本番に弱く、
人前で弾くのが苦手。
何とか音大に入ったはいいが、
今度は劣等感に苛まれた。
ピアノを弾くのは好きだけれど、
性格的には全く向いていない、と思った。
でも、それしかやって来なかったから、
(二十歳位まではピアノ漬けの生活)
いまさら他の道には行けない。

で、どうしたか・・・

本番で事故を起こさない方法は、
悪戦苦闘の末、時間は掛かったが、
幾つか打開策が見つかった。
劣等感は、今でも消えないけれど、
自分の中にある「ピアノが好き」
という気持ちを大切にすること、
そして、
能力の無いことに目を向けたら、
キリが無いから、
自分にある能力って何なんだ?
と探ってみた。
必死になれば、
一つや二つは見つかるものだ。

それを最大限に活かすしか、
私に出来ることはない。
あるものを売り物に、
頑張るしかないじゃん、
と開き直ったワケ。
おかげさまで、
本番への恐怖は少し減った。

e0024554_20544877.jpg











 近くのお寺にある掲示板

もう少し若い時に、
気付けば良かったな・・・
と思うけれど、仕方ない。
ピアノは一生続けられるから、
今はまだ折り返し地点。
九十歳のおばあちゃんになったら、
思い通り弾ける様になっている、

・・・かもね。




[PR]

「足りない」
と思うより、
「ある」と思えば、
ずいぶん楽になれる。

情報やモノは足りないと感じると、
「もっと、もっと」
際限なく求めてしまう。

例えば、食材。
食べたいものを料理するには、
あれもこれも足りない。
けれど、あるもので工夫しても、
それなりに美味しく出来る。
工夫した分、満足感がある。
ちょっと考え方を変えればイイだけ。

自分の置かれている環境も、
人間関係も、
見方を変えれば、
十分に与えられているはず。

足りない、と思ったら、
あるもの(こと)に目を向けてみよう。

こんなにあるじゃん、
と思えたら、しめたもの。

分かってはいるんですけど、ね。
「ある」に気付くって、
なかなか難しいもんです。


e0024554_00143652.jpg













稲刈り後の田んぼと彼岸花・・・




[PR]
ぬか床を冷蔵庫に入れることなく、
この夏を乗り越えた。
今まで、日に一度の手入れが出来ず、
やむなく冷蔵庫に避難させても、
結局ダメにしてしまった。
今年は糠味噌芥子で調整したり、
何とか無事を保てた。

e0024554_18523253.jpg













ぬか漬けは乳酸菌が豊富で、
カラダに良いらしい。
畑でキュウリが穫れ過ぎると、
ぬか床に入れておく。
上手く漬かると甘くて美味しい。
ちょっと過ぎると酸っぱくなる。
でも気にしなかった。
大らかな気持ちでやらないと、
何事も続かない。

『どうにでもなれ効果』
というのが心理学にあると聞いた。
ぬか床でたとえれば、

「今日かきまぜるのを忘れたから、
 酸っぱくなってしまった。
 もう面倒見るのはヤメよう」

そんな感じ。
たった一度のつまずきが、
良い習慣を崩壊させてしまう。
ダイエットや勉強など、
そうして途絶えさせてしまったことが、
数え切れないほどあった。

明日からまた、と大らかにすれば、
習慣に戻せる。
時にはゆるくした方がイイ場合もある。
しぶとく、そして、したたかに、
自分自身を手なずけていこう。





[PR]

PCやスマホのせいで、
文字を手書きすることが、
圧倒的に減っている。
私自身も同じ。

小学5年生の担任の先生が、
惚れ惚れするほど美しい字だった。
おじいちゃん先生で、
線が微妙に揺れている。
それが味わい深かった。
必死に真似をした。

中学2年の担任の字は、
個性的なマル文字だった。
トキメいて、またしても真似をした。

憧れの字に出逢うたびに、
私の書く字は変わった。
真似をしない私自身の字は、
面白味が無くて、がっかりだった。

50を過ぎた今でも、
私自身の字は定まっていない。
今の文字アイドルは二井康雄さん。
『暮しの手帖』の様々なタイトルは、
二井さんの書き文字だ。
理想の文字だった。
やっぱり真似して練習した。

e0024554_23003209.jpg
















歳上の方から手紙を頂くと、
その人らしさが字に溢れていて、それだけで感動してしまう。
手で文字を書かなくなったら、
人間お終いだ。

自分の考え方や生き方が、
揺るぎの無いものになったら、
その時、書いている文字が、
誰の真似でもない、
私自身の字なのだと思う。

まったく、
いつになることやら・・・




[PR]
いつの頃からか、
情報やモノに振り回されていた。
次々と求めるから、終わりがない。
時間も随分無駄にしたと思う。

先日、
Twitterのアカウントを手放した。
テレビを観ながら、
食事をするのをヤメた。

おかげさまで、
少し時間が増えた気がする。
心も少し軽くなった。

e0024554_23071507.jpg




















昔ながらの稲刈り風景も見られる

この数年、
一年が過ぎるのが信じられないほど、
早く感じていた。

これからはInputより、
Outputに時間を使っていこうと思う。





[PR]

冷蔵庫が壊れました。
どう調節しても冷えなくなり、
製氷皿は何時間経っても水のまま・・・
15年は使ったので、寿命ということで、
買い換えることにしました。

e0024554_17143729.jpg

食品ロスをしないように、
出来るだけあるものを消費してから、
食材を買い足そうとしていました。
減っているはずの中身を出してみると、
色々出て来る出て来る・・・

e0024554_17144372.jpg
食品の全生産量の53%は捨てられています。
収穫、仕分け、出荷や流通、加工の段階など、
消費者の手に渡るまでに30%以上、
そして、家庭での廃棄分が19%です。

e0024554_17144743.jpg

自分の冷蔵庫にあるモノを見ても、
捨てるハメになる食品の多いこと・・・
ずいぶん食べ物を無駄にしてきたな、
と反省しました。

e0024554_17145027.jpg

そして、冷蔵庫を買い換えたその日に観た、
『情熱大陸』の主人公は、
冷蔵庫を持たない元新聞編集者。
電気代は月に200円という強者でした。
東日本大震災の後、原発に不安を持ち、
新たな生活を試されている方です。




e0024554_17145583.jpg
私には冷蔵庫無しの生活は無理ですが、
食品を無駄にしないための道具だと考え、
有り難く使う事にします。
そして、
ノンフロンだから地球温暖化に加担しなくて済む、
などと、せめてもの言い訳をしているのでした。





[PR]
e0024554_9101183.jpg

                     田植えの準備が始まっています。

e0024554_9101962.jpg

            水を引いて・・・

e0024554_9101692.jpg

                     田起こしをします。

e0024554_21355868.jpg

            この辺りでは稲作農家の高齢化もあり、
            農協に委託している田んぼがほとんどです。
            イセキの大きな農機が忙しく働いています。

e0024554_9102246.jpg

            しかも、飼料米を育てるところが急激に増えています。
            このようなグラスロールを作って、畜産農家に納め、
            代わりに堆肥を田に撒きます。
            稲を牧草代わりにするのです。

            この辺りの田は数年前に圃場整備をし、
            土壌も水路も完璧な状態にしました。
            膨大な費用がかかっているはずです。
            なのに、作っているのは牛の餌・・・
            これが国で保護している米農家の現状です。
            いかがなものかと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]