カテゴリ:食( 41 )


田起こしをした田んぼに、
朝日が映ってキラリ。
この辺りは米どころなのに、
ここ数年は飼料米がほとんど。
酪農家と提携して、
牛の餌としての米を作っている。
何だかおかしい。
人が食べる米を作って欲しい。

e0024554_20264194.jpg



















朝の月は半分になった。

e0024554_20264102.jpg



















七草のうち、ハコベとゴギョウは、
どんな草なのかも知らなかった。
画像検索で調べてみると、
どこかで見た記憶が・・・
過去の写真を探してみたら、
あった。

e0024554_23482588.jpg













うちの畑でカブの横に生えている雑草。
これってハコベじゃない?

e0024554_20264058.jpg













ついでにホトケノザも。
(食べられない方ね)

e0024554_20264070.jpg













ちなみに今、
ビニールハウス内で育てているのは、
チンゲンサイ。

e0024554_20263907.jpg













ルッコラ。

e0024554_20264054.jpg












ミックスレタス。

e0024554_20264071.jpg













ホウレンソウ。

e0024554_20264009.jpg













万能ネギ。

e0024554_20264080.jpg













人参。

e0024554_20263902.jpg













ポットに種蒔きをして、
苗が大きくなったら畝に定植。
(人参とカブは直蒔き)
何とか冬の野菜をまかなおうと、
ままごとの様に育てている。
ハウスがあって本当に助かっている。

食べるものを、
自分で育てる場所と時間がある、
という贅沢。
虫喰いがあっても、形が悪くても、
美味しいと思える。
ささやかだけど、確かな幸せ。





[PR]

今朝は寝坊して、走らなかった。
雨も降っていたから丁度よかった。

e0024554_19010943.jpg













柚餅子を仕込んだ。
柚子の中をくりぬいて、
味噌、砂糖、米粉、クルミ、酒を混ぜて、
詰めたら蓋らして蒸す。
これを和紙に包んで干す。
昨年初めて作って、気に入ったので、
今年も四つだけ。

e0024554_19010988.jpg













サツマイモが手に入ったら、
せっせと干し芋にしている。
丸ごと蒸かして、皮を剥いて、
スライスして干すだけ。
干し具合で食感も変わるから面白い。
おやつになるし、味噌汁の具にもする。
刻んで湯で戻して、ケーキに混ぜたら、
結構イケた。

e0024554_19010970.jpg













柿はすぐに傷んでしまうので、
柿酢を仕込んでみた。
熟れた柿をただ瓶に入れた。
しばらくはブクブクと発酵してたけれど、
もう落ち着いた。
二月になるまで待って、漉してみるつもり。
これは初めてなので、どうなることやら。

雪国などでは、冬支度として、
色んな保存食を作る。
その知恵と技は素晴らしいと思う。
そういう事が出来るヒトになりたい。

e0024554_19010980.jpg













花も乾かして、長く楽しむ。
食べられないけどね。
こういう事が無性に楽しい。
これって、もしかして貧乏性?







[PR]
柿の当たり年。
でも熟れ過ぎてしまって、
じゅるじゅる・・・
捨てるには忍びなく、
何か良い方法はないかと、
ググってみると、
柿ドレッシング、とあった。

e0024554_00162489.jpg










 収穫後は熟すのが速い


ほとんどジェル化しているから、
皮と種を除いたところに、
酢、オイル、塩を加えてかき混ぜる。
ほどよくトロみがついてイイ感じ。

e0024554_00163156.jpg

















 自然な甘みで美味しい


カゴいっぱいあるものを、
全部はとても食べ切れない。
でも、せっかくの恵みだから、
色々と工夫して消費したい。

e0024554_00162793.jpg

















 畑で穫った葉っぱにかけよう


世の中に食べ物は溢れ返っていて、
贅沢に慣れ過ぎている。
食べる事にも頭と身体を使って、
有り難く頂きたい。
ネット検索があるから、頭は使わないか・・・






[PR]
食べることは大好きだけど、
好きなモノを好きなだけ、
食べていい歳ではなくなった。
質の良いものを適量、がベスト。
それが難しい・・・
美味しいモノが世の中に沢山あって、
悩ましい。

できるだけ地産地消。
素材を買って自分で手を加える。
頂き物はありがたく。

サツマイモを干したり、
e0024554_17535595.jpg













頂いた大きな栗は渋皮煮。
e0024554_17535035.jpg










 ブランデー入れた。


玄米は炊いておひつに。
e0024554_17532357.jpg













柿は鳥との競争。
e0024554_17532273.jpg













頂いたハヤトウリは糠漬けに。
e0024554_17532217.jpg










 ほんのり甘くてクセの無い味。


野菜の乳酸発酵漬け。
e0024554_17532326.jpg









 乳酸菌って熱で死滅しても、
  効能はあるんだって。




手間をかけ、楽しく美味しく、
それが一番カラダに良い、と思っている。





[PR]
e0024554_23281923.jpg
豆乳でヨーグルトを作りたいと思っていました。
玄米を水に浸して発芽させ、その水で発酵させる、
という方法もあるのですが、見事に失敗しました。
スーパーで『豆乳グルト』というものを発見したので、
これを種にして作ってみました。

e0024554_23282239.jpg
豆乳を温め、スープジャーに入れ、
豆乳グルトを混ぜて、半日以上置きました。
フルフルと固まっています。

でも、肝心のお味が・・・
『豆乳グルト』自体もあんまり・・・
ハチミツときなこを混ぜたら、まぁイケるかな・・・

カラダには良いかもしれないけど、
もう作ることはないと思います。(涙)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
e0024554_001753.jpg
『ナショナルジオグラフィック』の表紙に
「捨てないで食べちゃおう」という文字が。
食品ロスについての特集でした。

食品ロスについて考え始めたきっかけは、
ジョギングのコースで出くわす風景でした。
畑で収穫されずに放置されている、
大根やキュウリ、ナスなどの野菜たち、
また、秋には柿、今の季節なら夏みかんなど、
庭木の実が大量に落ちたまま・・・
いつも「勿体ないなぁ」と感じていたのでした。

我が家にも杏、夏みかん、ブルーベリー、
スモモ、ヤマモモなどの果樹があります。
実は生食で食べ切れないものはジャムにします。
それらもプレゼントにしたり、バザーに出したり。
畑で野菜は出来るだけ捨てる事のないように、
せっせと食べます。
旬の時は毎食毎食そればっかりです。


e0024554_002973.jpg

英国人のトリストラム・スチュワート氏の活動が
採り上げられていました。
全世界で捨てられている食品は、
全生産量の三分の一にあたり、
飢えた人の倍以上の人々に
食事を提供できる量らしいのです。
スチュワート氏は実際に農家を訪れ、
廃棄処分する野菜を引き取り、
集まった食品で何千人分もの食事を作って
無料でふるまう、というイベントをやってのけます。

e0024554_004180.jpg












食というのは、旬のものを食べていれば、
健康が保てると思っています。
基本は地産地消。
スーパーで全国各地の野菜を見ても、
どうも買う気になれません。
地元の産直に行けば、
安くて美味しい旬の野菜が手に入るからです。


















まずは、スチュワート氏の話を聞いてみて下さい。



個人では、大きな事は出来ないけれど、
食品を無駄にしない、という意識を持ち、
実践していく事が大切だと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
e0024554_23322771.jpg
田舎では、摘み草は立派な食材です。
新鮮で美味しくて、しかもゼロ円。
通り行く車からの視線など、気にしていられません。
私はいつも朝ジョグの帰り道に摘ませて頂きます。

e0024554_23322061.jpg


















セリは真っ盛りで、セリ蕎麦はサイコーなのですが、
あいにく蕎麦を切らしているので、
今日は三つ葉を頂戴し、味噌汁に入れました。


ヨモギ、タンポポの葉、カラスノエンドウなど、
食べられる野草は沢山あります。
そう思って見てみると、また面白いもので、
つい下ばかり見て走ってしまいます。

e0024554_23322972.jpg











お米は秋田の友人が低農薬で作っている、
『ほたる夢良(むら)』を玄米で頂いています。
精米して出る糠はとっておいて、
糠床にしたり、お菓子に入れたりします。

これは米糠キャロブバーです。
くいしんぼさんのレシピで作りました。
小麦粉や砂糖は使っていません。
キャロブパウダーというのは、
いなご豆のさやを乾燥させ、煎り、粉末にした物。
不思議なことに、色も味もココアにそっくり。
食物繊維やミネラルが多く、甘みが強いので、
砂糖を使わなくても、十分甘くなります。

最近、食品ロスの問題に興味があり、
できるだけ食材を無駄にしたくない、
と思っているので、
ある物で工夫するようにしています。
食べられるのに捨てられている食べ物が、
一体どれだけあるのか・・・
それについては追々書く事にします。

明日は何を摘もうかな・・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
e0024554_2391166.jpg

               庭のヤマモモは、少しだけ実をつけました。
               生では酸っぱいのでジャムにしたら、
               小瓶に半分くらい出来ました。
               綺麗な色でしょう?

e0024554_2375467.jpg

               おめざは、ヨーグルトケーキ。
               卵・バター・ヨーグルト・小麦粉・砂糖
               を混ぜて焼くだけ。チーズケーキ風。

e0024554_2381360.jpg

               クモは良い仕事してます。
               巣作りが教わらなくても出来るとしたら、
               DNAに組み込まれてるってこと?
               生物の神秘ですな・・・

               そろそろ太陽に会いたいです。
               身体がソーラーエナジーを欲しています。
[PR]
e0024554_2282559.jpg

                  秋田の大仙市で稲作をしている友人が、
                  新米を送ってくれました。
                  『ほたる夢良』というオリジナルブランド。
                  農薬と化学肥料は通常の半分しか使っていないそうです。
                  虫などの生き物が住める田んぼにしたい、と
                  こだわりの米作りに徹しています。

e0024554_2282916.jpg

              玄米なので、その都度精米します。
              今日は圧力鍋で炊きました。
              炊き上がりは見るからに美味しそう。
              モチッとして米の密度が濃い感じがしました。
              ご飯が美味しいって幸せですね。
              加藤サン、ありがとう。
[PR]
e0024554_2216489.jpg

                         瓶に詰めたサラダ(Jar Salad)が、
                         アメリカで流行っているらしい。
                         やってみたがりなので早速。

e0024554_2216931.jpg

              一番下にはドレッシング。
              あとは次々と切った野菜を詰めていくだけ。
              ドレッシングがなじみにくい野菜は下の方に。
              葉ものは最後にのせる。
              冷蔵庫に入れて一週間は持つ、という触れ込み。

e0024554_22161649.jpg

              元々はボール社という会社が、
              メイソンジャーという製品を使ったレシピとして、
              編み出したものらしい。
              密閉度が高くて、耐熱でもあるんだって。

              せっかちなので一晩置いただけで食べちゃいました。
              もうちょっとドレッシングがなじんだ方がイイな。
              簡単だし、バリエーションも色々つけられそうだし、
              これはハマりそう。
              何よりカラホーなのがイイ。

              今日もまた、雑穀を炊いたのを入れたりして、
              ひと瓶、冷蔵庫に待機中。
              皆さんも手持ちの瓶でお試しあれ〜。
[PR]