人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秋分の日には、
もれなく彼岸花が咲いている。

お彼岸_e0024554_18484521.jpg
















お彼岸_e0024554_18484599.jpg
























完璧な体内時計だ。

お彼岸_e0024554_18484639.jpg




































球根には猛毒があるらしいが、
花の蜜は大丈夫よね。

お彼岸_e0024554_18484601.jpg


















お彼岸_e0024554_18484661.jpg
























萩の花も咲いている。

お彼岸_e0024554_18511214.jpg
























だから秋は「おはぎ」
牡丹の咲く春は「ぼたもち」

お彼岸_e0024554_18484567.jpg























どうしても、
食べ物の話になってしまう・・・
今年は地元の小豆と餅米で、
おはぎを作って食べた。








田んぼの中の一画がピンクになっている。

コスモス畑_e0024554_18475821.jpg























コスモス畑。

コスモス畑_e0024554_18475888.jpg


















コスモス畑_e0024554_18475876.jpg























毎年咲いているのだけれど、
見逃してしまうことが多く、
今年はラッキーだった。

コスモス畑_e0024554_18475872.jpg
























その近くにはコムラサキ。
この紫色を見ると、
「秋だなぁ」って思う。

コスモス畑_e0024554_18475889.jpg
























すっくと立っているのは、
トロロアオイの花。
別名、花オクラ。
どうりで、
野菜のオクラの花にそっくり。
でも実はならないようだ。

コスモス畑_e0024554_18483072.jpg























調べてみると、
花を愛でる以外の使い道があるらしい。

主に根部から抽出される粘液を「ネリ(糊)」と呼び、
紙漉きの際に、コウゾ、ミツマタなどの植物の繊維を、
均一に分散させるための添加剤として利用される。

コスモス畑_e0024554_18483035.jpg
























和紙を漉くのに必要なんだ・・・
昔の人は色んな知恵があるもんだ。






散歩の途中で・・・

ヤギさん_e0024554_11072351.jpg






















ヤギ !?
パラソル付き。

ヤギさん_e0024554_11072354.jpg























いつからココに??
まだ子供だねぇ。

ヤギさん_e0024554_11072308.jpg























ヤギは人懐っこいから
寄って来る。

ヤギさん_e0024554_11072371.jpg























長〜いリードが付いていて、
広範囲に動けるらしい。

ヤギさん_e0024554_11072349.jpg























頑張って草を喰べるんだヨ。

ヤギさん_e0024554_11072314.jpg
























鳴かないかな〜、
と待っていたけど残念でした。





あちこちで葛の蔓が伸びまくっている。

道端を這っていたり、
ガードレールに絡みついたり、
木の幹や枝をよじ登っていたり・・・
とにかく凄い繁殖力。

葛の花_e0024554_21344743.jpg























とんでもない迷惑なヤツかと思いきや、
なかなか優れた植物なのであった。

葛根湯という漢方の風邪薬があるが、
まさにこれは葛の根っこから作られる。
根の繊維を取り除いて粉にしたのが葛粉で、
デンプンとして食用にされる。


葛の花_e0024554_21353782.jpg






























葛の花_e0024554_21344772.jpg



































花に含まれるイソフラボンはサプリメントになり、
蔓の繊維は葛布(かっぷ)という織物になるらしい。

葛の花_e0024554_21350757.jpg




































はたまた、この繁殖力を利用して、
砂漠の緑化、鉱山の土留め、
高速道路の騒音防止にも使われるとか・・・
持ってるねぇ。

葛の花_e0024554_21350611.jpg


















葛の花_e0024554_21353645.jpg






























葛の花_e0024554_21350632.jpg
























今は花が真っ盛り。
拝みたくなるような美しさ。

葛の花_e0024554_21353755.jpg




































葛の花のスポットが幾つかあって、
毎年、必ずチェックする。

葛の花_e0024554_21350776.jpg





































まだ蕾のところも。

葛の花_e0024554_21344809.jpg






























葛の花_e0024554_21344862.jpg

























そこら中に生えているんだから、
その根っこを掘りまくれば、
葛粉がいっぱい採れるのに、
などと考えるのは多分間違いだ。
葛粉にする製法がとんでもなく大変、
なんだと思う。
葛粉って高価だもん。

葛の花_e0024554_21344757.jpg




































今日の猫さんは、
朝のデートをしていた、
この白茶さんと、

葛の花_e0024554_21344843.jpg


















葛の花_e0024554_21344817.jpg
























こちらのキジトラさん。

葛の花_e0024554_21344758.jpg






























葛の花_e0024554_21344711.jpg
























お邪魔してゴメンなさいネ。





稲刈り真っ盛り。
この辺りは、
圧倒的に飼料米が多いけれど
なんと「はざかけ」発見。

はざかけ_e0024554_23213721.jpg























「いすみっこ」の旗が立っている。
学校給食用のコシヒカリで、
農薬や化学肥料を使っていないらしい。

はざかけ_e0024554_23213789.jpg























はざかけをする理由は・・・
湿度の低い秋の日差しの下で干すことで、
アミノ酸と糖の含有量が高くなり、
逆さまに吊るすことで、
藁の油分や栄養分、甘みが米粒に降りて、
栄養と旨味が増すのだとか。

はざかけ_e0024554_23213710.jpg
























はざかけをしている様子を
実際に見たことがないけれど、
手作業だよねぇ。大変だ。

はざかけ_e0024554_23213785.jpg



































手間暇をかければ、
安全で美味しいお米が出来る、
ということ。


はざかけ_e0024554_23221785.jpg


















はざかけ_e0024554_23213854.jpg
























この風景が見ることが出来て、
幸せだと思った。


はざかけ_e0024554_23213792.jpg