2016年 03月 25日 ( 2 )

e0024554_23535826.jpg

               ツルニチニチソウ(蔓日日草)

e0024554_2354252.jpg

               ヒメオドリコソウ(姫踊子草)

e0024554_235457.jpg

               ホトケノザ(仏の座)

e0024554_2354178.jpg

               ヒイラギナンテン(柊南天)

e0024554_2354735.jpg

               モミジイチゴ(紅葉苺)

e0024554_23541863.jpg

               レンギョウ(連翹)

               派手ではありませんが、
               よ〜く観ると、かなり個性的です。
               どうしてこんな形なのか、
               それぞれに意味があるのだろうか・・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
e0024554_11244263.jpg

庭の杏にミツバチが来ています。
クマバチもパンジーのプランターに。

If the bee disappears from the surface of the earth,
man would have no more than fouryears to live.
No more bees, no more pollination,
no more plants, no more man.
Albert Einstein

もし、ハチが地球上から絶滅したら、
人間は4年以上は生きられない。
ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、
植物が枯れ、人間も死に絶える。
アインシュタイン









『未来の食卓』というフランスのドキュメンタリー映画を観ました。



アインシュタインの言葉はこの映画の中で知りました。
ミツバチは農薬や殺虫剤、遺伝子組み換え植物の為に、
集団失踪するケースが増えているそうです。

花壇や庭木の花に集まってくるハチ、
彼らが居なくなったら、ヒトも危ないのです。
自然界のバランスを唯一保てないのが人間。
人も動物ならば、自然界の一部のはずなのに、
余計な事ばかりしている気がします。
ハチが居なくなって、ヒトも居なくなったら、
地球は健全な姿に戻るのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]