以前、ヤマボウシを撮ったけれど、
だいぶ下からだったので、
昨日は石垣の上に乗って(スミマセン)、
腕を伸ばして撮ってみた。

e0024554_20571636.jpg















今朝は他のお宅の庭で見つけた。
通り沿いに植わっていたので、
撮らせてもらった。

e0024554_20564916.jpg















花びらが大きくて真っ白、
フォルムもエレガントだ。

e0024554_20564903.jpg















ヤマボウシ(山法師)という名前は、
いかがなものかと思ったが、
調べてみたら、
丸い花穂を坊主頭、
4枚の白い花びらを頭巾に見立て、
比叡山延暦寺の山法師になぞらえた、
とある。
そう言われれば、
穢れの無い姿にも感じる。

ちなみに実はこちら。
(画像はお借りしました)

e0024554_21283555.jpg





 花とはあまりにも対照的・・・




ノイバラが群生していて、
近づくとジージーともの凄い音がする。

e0024554_20564967.jpg















よく見たら、丸花蜂が沢山来ていた。
数が多いとブンブンではなく、
ジージーと聴こえるのには驚いた。

e0024554_20564972.jpg














何十匹と居たのに、撮ってみると、
一匹しか写らないのはナ〜ゼ〜?

最近よく見かけるコレは、
花芽かと思ったら、

e0024554_20564893.jpg






















葉芽だった。

e0024554_20564810.jpg






















カゴノキ(鹿子の木)。
成長すると樹皮が鹿の子模様になるらしい。

分からなかった事が分かると、
それだけで嬉しい。
カゴノキだったら「葉 芽 細長い」
で、画像検索すればイイ。
本当にネットさまさまだ。





[PR]

ジョグをしていく先に、
鳥がウロウロ。

e0024554_21333240.jpg














背中が黒っぽいから、
セグロセキレイかと思ったけど、
なんか違う。

e0024554_21333164.jpg













どうやら幼鳥らしい。
ウロウロしていたワケだ。

ちなみに成鳥はこちら。
(画像はお借りしました)

e0024554_21333258.jpg















鳥つながりでもう一つ。
ムレスズメ(群雀)という花。

e0024554_21333104.jpg















花の咲いている様子が、
スズメが並んでいるみたい、
という事だが、う〜む・・・

e0024554_21333111.jpg















モリモリ咲き過ぎ?

個体差があるから、
それらしくなくても仕方ない。
そこが面白いところかも。

明日は何に出逢えるかな・・・







[PR]

葉の上に実の様なものが付いた、
珍しい木を見つけた。

e0024554_22095417.jpg














ハナイカダ(花筏)というらしい。
葉の上に花が咲く、とある。
これがそうなのかな。

e0024554_22095457.jpg














その隣には桑の木。

e0024554_22095432.jpg














ノビルのさらなる進化形。

e0024554_22095447.jpg














一体、どこが花なのか蕾なのか。

e0024554_22212736.jpg



















チガヤの穂もケバケバしてきた。
種がついて、タンポポの様に飛んで行くらしい。
よく見たら、先っぽが飛び始めている。

e0024554_22095472.jpg






















植物はどんどん形を変えて、
命を全うしていく。
一年が一生だとしたら、
動物など比にならないほど、
早く過ぎる訳だ。
疾風怒濤。







[PR]

今朝は雨だったので走らず。
ブログは休もうかな〜、
と思っていたら、
夕方にサプライズ。

夕焼けがスゴイことになっていた。

e0024554_20425976.jpg















反対側には虹。

e0024554_20425918.jpg















虹の根元は更に凄かった。

e0024554_20425946.jpg























あれよあれよと言う間に、
夕焼けも虹も消え去った。
出逢えたことに感謝。





[PR]

どこへ行っても花盛り。
名前が分からないものは、
とりあえず撮って、後で調べる。

最近、知った花たち。

シラン (紫蘭)
e0024554_00040978.jpg















e0024554_00040922.jpg












 ランだね〜


シラー (
オオツルボ/大蔓穂)
e0024554_00040908.jpg












 なかなかのオシャレさん


ピラカンサス (タチバナモドキ/橘擬 又は トキワサンザシ/常盤
山樝子)
e0024554_00040911.jpg












 
 秋になると赤い実をつける


ハクチョウゲ
(
白丁花)
e0024554_00041027.jpg















e0024554_00040965.jpg











 
 小さいけど、凝った花びら


ヤマボウシ (山法師)
e0024554_00040951.jpg












 下からで見えづらい・・・


花々は
初めて人間に『』を認識させたのではないか、
、ある本に書いてあった。そして、その認識は、
『喜び』と『愛
という感情に結びついている、と。

花を見ると嬉しくなるのに、
理由は要らないけれど。





[PR]

寝坊気味で、既にカンカン照り。
慌てて出掛けたので、
日焼け止めクリームも塗り忘れ・・・

ノビルがにょきにょき伸びて、
葱坊主を付けたと思ったら、

e0024554_21213491.jpg















意外にもキレイな花だった。

e0024554_21213446.jpg















そこから更に進化して、
鮮やかに。

e0024554_21213499.jpg











 やけに神秘的。



畑のビニールハウスでは、
巨峰を育てている。

e0024554_21213457.jpg















沢山の花蕾をつけたので、
これからどうすべきか、
勉強中。
摘果と摘粒は必須。
ううむ、難しそうだ。






[PR]

GWに入ったので、
いつもは見かけない若い人達が居る。
帰省しているのだろう。
ここは田舎なので、
正月、お盆、GWは人口が増加する。

今日の発見はシュロ(棕櫚)の花。

e0024554_23503574.jpg























かなり大きい塊なので驚いた。

e0024554_23503592.jpg























なんかスゴイ。

e0024554_23511703.jpg















これは雄花序らしい。

e0024554_23503578.jpg




















 雌花はどんなんだろう?


立派な鯉のぼり。

e0024554_23511771.jpg























この辺りでは、
節句のお祝いのために、
支柱用の丸太を切り出し、
皮を剥いてキレイに磨いて、
準備する。大仕事だ。

e0024554_23503548.jpg

























最近は子供が少ないのか、
のぼりも減った。

e0024554_23503561.jpg














山の新緑も眩しい。






[PR]

花が終われば、実がつく。
当たり前のことだけれど。
食いしん坊だから、
実るものにはセンサーが働く。

我が家の果樹から。
アンズ
e0024554_22585226.jpg















スモモ
e0024554_22585370.jpg















ブルーベリー
e0024554_22585392.jpg























よその畑のイチゴ。
露地栽培の場合は、
5月頃が実りの時期。
e0024554_22585381.jpg












 誰だ?かじったのは。


サクランボの木を見つけた。
いつも通っている道なのに、
今まで全く気付かなかった。
e0024554_22585352.jpg















e0024554_22585366.jpg












 美味しそう!


こちらは桜の実。
e0024554_22585380.jpg















小さなシジミ蝶をよく見かける。
これはヤマトシジミだって。
e0024554_22593520.jpg












 オッシャレ〜。






[PR]

起きると既に日は高い。

e0024554_20461767.jpg






















よく通る場所だが、
この木に花が咲いているのに、
初めて気付いた。
紫っぽいけれど、何の木だ?

e0024554_20461639.jpg























大きめの花が塊になっている。
調べてみたら、なんと桐だった。

e0024554_20461721.jpg















箪笥を造るあの桐?
珍しいものを見れた。

e0024554_20461765.jpg















田んぼにカモが。
たまたま、つがいで降り立ったのだろう。
盛んに顔を突っ込んでいた。

e0024554_20461684.jpg















道端の赤い色が目に入った。
ヘビイチゴ。

e0024554_20461605.jpg















ヘタが開く前は星形。
ビフォー。

e0024554_20461657.jpg















アフター。

e0024554_20461629.jpg















日中の陽射しは既に初夏。
UVカットしなきゃね。

そうそう、今朝はイタチを見た。
田んぼ脇の草の中でガサガサと音がしたと思ったら、
一瞬顔を出して、人の顔見て、草の中を逃げて行った。
とても写真どころではなかった。クヤシ〜。






[PR]

太陽と雲が重なって、
ちょっと不思議な朝日。

e0024554_23033399.jpg























いつも草花ばかり追っているけれど、
今日は動物にも出会った。

ピーチクパーチク鳴いていたのは、
このヒト。

e0024554_23005340.jpg















シジュウカラ(四十雀)だった。

e0024554_22593107.jpg















こんな蝶々がいた。

e0024554_22593242.jpg















ヤマキマダラヒカゲ(山黄斑日陰)
というらしい。

堰には魚がバシャバシャと。

e0024554_22593261.jpg















産卵期のヘラブナ。

e0024554_22593205.jpg















結構デカイ。

田んぼの脇には猫。

e0024554_22593286.jpg















隠れているつもりかな・・・

e0024554_22593213.jpg















夕方、畑に行ったら、
葉物の畝が少々荒らされていて、

e0024554_22593208.jpg















こんな足跡が。キジ?

e0024554_22593293.jpg















これくらいの悪さならば、
許せる範囲だけれど、
キョンやイノシシにやられたら、
ひとたまりも無い。
人間の都合だけで、
地球は成り立たないし、
難しい問題だ・・・

でも、動物に出会えると、
ホッとするし、何だか嬉しい。
命の為せる業かな。





[PR]